Aprimo


インターネット上で顧客の様々な情報や行動などを、ある程度可視化することによってニーズに見合った商品やサービスの提供がしやすくなります。このように顧客が求めている情報がどんなものなのかを、様々なパイプラインで結びながら結果的に大きな売り上げに繋げてくれるオートメーションツールがAprimoになります。

Web 上での行動解析を行うとともに、さらに顧客の行動からスコアリングを自動的に行ってくれるので企業側として1人1人の顧客に対し、直接的なスコアリングを行う必要がありません。メールアドレスをはじめとして様々な登録情報から顧客の高度管理を行った上でデータマネジメントを行ってくれます。

データをコンタクトポイントで解析することが可能なため、売上にもつながりやすく、本当に求めているニーズに対し答えることができるためリピート率も非常に高いといえるでしょう。顧客をしっかりとつかみ離さないための工夫をするには、このようなツールが必要不可欠です。これまでは簡単に出来なかった事が、こうしたオートメーションツールによって、できるようになりました。こうしたツールがあることで顧客側としても自分のニーズにすぐ応えてくれるといった喜びがあり、販売側や企業側としても細かな分析をする必要がなくツールに頼りながらWeb マーケティングの市場で生き抜いていけるメリットがあるのです。


Oracle B2B Cross-Channel Marketing


マーケティングオートメーションツールの一つにOracle B2B Cross-Channel Marketingというものがあります。こちらは非常に長いネーミングとなっているのですが、主な機能として搭載されているものは本当に高機能なものばかりです。まず第1にターゲットのお客様のインターネット上の行動などを、ある程度チェックした上で適した商品の紹介やニーズに応える資料の提供、さらにはメールの配信などを自動的に行ってくれます。

また、見込み客に対するプロファイル情報やメールの開封情報さらには資料のダウンロード情報などまで把握してくれますので、このようなスコアリングから1人1人の顧客に対してもっともニーズの高い情報もしくは商品が提供できるようになっています。このほかにはキャンペーンフローの全体管理などを行ってくれるため、わざわざ一人ひとりの顧客の好みなどを細かく管理していく必要がありません。

このような管理を全て一つのシステムが行ってくれるのです。このほか、ユーザー同士さらにはユーザーと企業側で情報共有ができるように、コミュニティツールなども搭載しており、双方でコミュニケーションを取りながら見込客さらには顧客との距離感がグッと縮まるようになっています。

見込み客に対し、ネット上プロファイルを集めるというのは非常に難しいことですが、こちらのシステムを導入すれば全て自動で行ってくれます。現在では多くのマーケターに求められており、本当に活躍しているオートメーションツールです。


Webマーケティングに便利なツール


インターネット上でWebマーケティングを行っているのであれば、様々な便利ツールを活用していくと良いです。現状としてもショッピングカートや決済システムなど便利なものはたくさんありますが、これら一つ一つを人の手で管理していくのはとても大変な事でしょう。特にWeb マーケティングそのものに興味を持っていてもパソコン操作に慣れていない方や、ネットの仕組みをしっかりと把握していない方は様々な問題を抱えることになります。

実際にウェブマーケティングを始めるまでにも時間がかかってしまい、始めてからも途中途中でつまずいてしまえば、いつまでたっても売上は上がらず市場で生き残ることができません。そこで、お勧めになってくるのがオートメーションツールというものになります。このオートメーションツールは、Web マーケティングを自動化し、とても便利にしてくれるものとなっています。複数の種類などがありますのでニーズに合ったものを導入していくと良いでしょう。

それぞれのツールによってメリットやデメリット、また特筆すべき特徴などが違っています。もちろん扱っている管理会社なども違っているので、特徴を把握した上でもっともニーズに合っていると思うものを選びましょう。オートメーションツールを導入することにより、これまで人の手で行っていた内容をすべてこのようなツールが自動的に行ってくれることになります。ですから、よほど大きなトラブルがない限りはそこでの時間を他の部署にまわし、例えば在庫の選別や仕入れなどに使うことができるのです。またパソコンが苦手な方やインターネットの基礎から勉強をするといった時間も必要ないため、手間を省いて効率的にウェブマーケティングを成功させることができます。